お風呂場についた白髪染めヘアカラートリートメントの汚れを落とす方法

ヘアカラートリートメントの嫌な点は、お風呂場が汚れてしまうこと。
気を付けていたはずなのに、ついうっかりしていて、水で流しても汚れがとれなくなってしまった。
そんなことありませんか。
そんなときのための、お風呂場についたの白髪染めトリートメントの落とし方をご紹介します。

風呂場や床がについた白髪染めの落とし方

風呂場にある中性洗剤で白髪染めを落とせる?

白髪染めがついてしまった!お風呂場の洗剤で落とそう!
そうしてバスマジックリンやウタマロに手を伸ばしていませんか。

これらの洗剤が悪いわけではありませんが、お風呂場に置いている洗剤の大半は「中性洗剤」です。
中性洗剤は、洗浄力が弱いので、白髪染めのようなしつこい汚れを落とすのには不向きです。

水で流しても取れないような白髪染めトリートメントのしつこい汚れは、中性洗剤ではなかなか落ちません。(体験済)

塩素系漂白剤が使えない汚れは、クエン酸で落とす

中性洗剤で落ちない汚れを落とすとなったら、使用する洗剤はどんなものでしょうか。
カビキラーだったり、ハイターだったりしませんか。

これらの商品は、「酸性洗剤」「塩素系漂白剤」のため、洗浄力が抜群。

しかし、そんな強力な洗剤は匂いがキツく、混ぜたら危ないものばかりです。
一度使ってしまったら、しばらくの間換気は必須で、その間は誰もお風呂は使えません。
お風呂に入るのが一番最後だったならいいですが、後からお風呂に入る人がいるのなら、全員が入り終わるまで待たなくてはなりません。

その間も汚れはどんどん落ちにくくなりますし、下手をすると落とすことを忘れてしまうかもしれませんね 笑

風呂場についたトリートメントを落としたいけれど、次にすぐお風呂に入る人がいるから、強力な洗剤がつかえない・・・

そんなときに使用してほしいのが、クエン酸なんです。
白髪染めトリートメントは「弱アルカリ性」で作られています。
そして、アルカリ性の汚れは、「酸性」の成分のある洗剤を使うと効率よく落とすことができます。

なかでも「クエン酸」は食品添加物にも使われていて、小さな赤ちゃんがいる家庭でも使えます。
酸性の洗剤の中でもマイルドな素材といえるでしょう。

クエン酸を水に溶かした「クエン酸水」を気になる部分に振りかけましょう。

クエン酸水

クエン酸水はボトルに入れて使うと便利です。

  • 水(250㏄)
  • クエン酸(小さじ1)

これを混ぜるだけで完成。
クエン酸水は常備してもいいのですが、中の水が悪くなるので、できることなら使うたびに作るほうがベターです。

クエン酸がイマイチな方は、お酢でも代用できます。(同じく小さじ1でOK)

お風呂場についた白髪用トリートメント

これは、私がトリートメントがついたビニール手袋をうっかり床に置いて放置してしまったときの汚れです。
10分以上放置してしまったので、中性洗剤では落とすことができませんでした。

クエン酸をかけたお風呂場

上がクエン酸を使って落としたときの様子です。
ハイターのような物騒なものは使っていません。

クエン酸水をかけて少ししたら、スポンジでこすります。
酸性の成分のため、念のために使用するときには、換気扇を回して、できたら風呂場のドアを開けて使いましょう。
私のように気管が弱い人は、絶対にせき込んでしまうのでマスクをしておくと安心です。

だいぶ目立たなくなったので、ひとまず良しとします。
微妙に残ってしまったので、家族がお風呂に入り終わったら掃除をしたいと思います!
時間があるのなら、ラップで密閉して放置するといいです。

クエン酸なら匂いもないですし、10分もきちんと換気をすれば大丈夫。
ただし、赤ちゃんとか老人が入浴する前に使うのはやめましょう。

「クエン酸」はトリートメントの汚れだけではなく、水アカのような水回りの汚れを落とすのに最適。
余ったクエン酸水は適当に振りかけておくと水垢を落とせます。

自然に優しいクエン酸であろうと「酸性」なので、塩素系漂白剤と合わせて使うのは絶対にやめてください。

たまに、アルカリ性の洗剤で落ちると勘違いされている方がいますが、アルカリ性の洗剤で落ちるのは「酸性」の汚れです。

白髪染めトリートメントのほとんどは、中性か弱アルカリ性でできています。
酸性でできた白髪染めトリートメントはまずないので、アルカリ性の洗剤はあまり効果がありません。

ちなみに「重曹」は「アルカリ性」なので、トリートメントの汚れを落とすにはイマイチ。
また、「中性」のトリートメントには、アルカリ性洗剤の効果が弱くなりがちです。

絶対に汚れが落ちる!とまでは言えません。
しかし、強力な洗剤がすぐに使えないけれど、できるだけ汚れを落としやすくしておきたい!という方にクエン酸がオススメなんです。

白髪染めトリートメントで風呂場が汚れない方法はある?

そもそも「汚れないトリートメントを購入したらいいのでは?」という意見がありそうですよね。
1年近くネット上ででてくるほとんどのトリートメントを使いましたが、風呂場が汚れない、幻のヘアカラートリートメントはまずありません!
最初は風呂場が汚れないなと思っていても、使うたびに汚れが蓄積されて、目につくようになります。

よく「このトリートメントなら風呂場が汚れませんよ」なんて口コミがあります。
トリートメント業界の回し者ではないので、お伝えしますが、白髪染めで染める成分が入っている以上、ついたらお風呂場は必ず汚れます。

白髪が染まるトリートメント=風呂場も染まります

白髪は染めるけれど、風呂場は染めません!なんて都合のよいトリートメントは残念ながらありません。
むしろあったら紹介してほしい!笑

お風呂が汚れないトリートメントを使っている人は、よっぽどマメに洗い流しているか、染める力の薄いヘアカラートリートメントを使っているかのどちらかだと思います。

また、新聞紙やビニールを敷き詰めたら汚れません!なんて方法が紹介されています。
白髪染めってほぼ毎日か3日おきくらいにしないと、効果がなくなってしまいますよね・・・?

白髪を染めるたびに新聞紙敷き詰めるのって面倒じゃないですか?
実践してみましたけど、捨てるのが面倒ですし「割に合わない」と感じたのですぐにやめてしまいました。
もっとラクチンな方法があれば、ぜひ教えてほしい・・・!

お風呂場が汚れないようにする方法

コームやビニール手袋は風呂場に直接置かない

髪にコシがある女の子

お風呂場がトリートメントで汚れてしまう原因の多くは、染めるのに使った道具を直接風呂場に置くから。

トリートメントがたっぷりついたコームやビニール袋をお風呂場に置くのは、お風呂場に直接トリートメントをつけているのと同じ。
数十秒置いただけでも、がっつりお風呂場に色がついてしまい、なかなか取れません。

でも使うたびに、道具を洗い流すのは面倒ですよね。
私も、面倒で直接お風呂場の床に置いてしまいます・・・

そんなときには、「白髪染め専用の桶(おけ)」を用意しておきましょう!

おけは、トリートメントで汚れてしまうので、処分がしやすい100均にあるようなもので構いません。
家族と共用のものでも構わないのですが、汚れてしまうので別で用意するのがマナーです。

白髪染めをするときには、トリートメントがついている手袋やコームなどすべてのものを専用の桶にのせる。
お風呂場には一切直接なにも置かないようにするだけで、お風呂場が汚れてしまう確率を減らすことができます。

風呂場が汚れやすいタイミングを知る

お風呂場は、白髪染めが全部終わってから、洗い流してきれいにしたらいいと思っていませんか。

白髪染めのトリートメントがお風呂場についてしまうタイミングは、下記の2つ。

  • 白髪染めトリートメントを髪につけるタイミング
  • トリートメントを洗い流す間

意外と、トリートメントを付けている間もお風呂場に飛び散ってしまうのです。
むしろ、容器から出したばかりのトリートメントなので、すすぎのタイミングよりも、お風呂場についたら落ちにくい。

白髪染めトリートメントは10分くらい付けておくものがほとんど。
お風呂場についてしまったトリートメントも10分ほったらかしにしたら、さすがにお風呂場に色がついてなかなか取れなくなります。

お風呂場を綺麗にするタイミングは、白髪染めトリートメントを頭に付け終わった時と、トリートメントをすすぐときの最低2回。
それを徹底するだけで、余計な掃除をする機会をぐんと減らすことができます。

また、白髪染めトリートメントを使う前のお風呂場も、お湯を流して濡らしておくと、申し分ありません。
水と混じってトリートメントの成分を薄めることができますし、風呂場の温度を上げることで、トリートメントを効果的に使うことができ一石二鳥です。

以上になります。
読んでいただいてありがとうございました。