グレイヘアを家族や周りから反対される!原因や理由とは?

グレイヘアにするとなれば、気になるのは周りの意見。
友人、知人は肯定的かもしれませんが、家族からは否定的な意見がでるかもしれません。

グレイヘアを反対される原因、理由

まず、グレイヘアを反対される主な理由についてご紹介します。

女性としてみられなくなる

グレイヘアの女性に性的な魅力を感じない男性はいます。(多分多いです)

グレイヘアにすると、どうしてもより年を重ねているようにみられてしまいます。
白髪染めをしているときよりも、確実に異性として意識される機会は減ります。

なにより、グレイヘアはきれい、洗練された雰囲気は出せますが、色っぽさは出しにくいです。
グレイヘアにしてから女性らしく見えるのは、まれです。(たまにいます)

旦那さんが嫌がる理由は、これが多いのではないでしょうか。
逆にこれが理由なら、女性として見られてるということなので、むしろイイのではないでしょうか 笑

努力次第で改善で行きますが、女としてみれなくなってしまうのは、どうしようもないです。
どっちかが折れるしかありません。

変な噂をされる、注目される

グレイヘアにすれば、避けて通れないのは、世間の目。
本人さえ気にならないのであれば、そこまで周りがどうこう言うものではないと思います。

ただし、思春期のお子さんがいる場合は、本人が傷つく可能性が大いにあります。
子供のコミュニティで親の見た目なんかは、ネタにされます。

大学生くらいであれば、関わる機会もほとんどありませんので、そこまで気になりません。
一人暮らしをしているのなら、ほぼ大丈夫しょう。

中学生くらいであれば、からかわれる原因になりかねないので、慎重に対応してほしいです。
「おまえのかあさん白髪のオバサン」なんて同級生から言われたら、私なら学校行くの嫌になります・・・

グレイヘアを続ける解決策とは

期限を設ける

私の場合は、この期間からこの期間までグレイヘアにする!という期限を設けていました。
一生続くと思えば人は嫌になりますが、この間だけ我慢したらいいと思えば妥協してもらえることもあります。
「50歳になったら始める」「妊娠してる間だけする」のように区切るのもいいかもしれません。

バレないようにこっそりやる

グレイヘアの良いところは、ある程度はバレないように進められる点です。
ヘアカラートリートメントで、染めながら白髪を伸ばしていけば、トリートメントをやめるだけでグレイヘアになれます。