どうしても白髪染めヘアカラートリートメントが染まらない!絶対に染める方法とは?

白髪染めトリートメントを試してみたけれど、どうしても染まらない。
そんな経験はありませんか。

私もなかなか白髪染めトリートメントで染められずに、四苦八苦していた女性の一人です。
色々と試行錯誤していくうちに、染めにくい原因と対処方法をつかんできたので、ご紹介します!

白髪染めトリートメントで
失敗する理由、原因

白髪染めが染まりにくい毛、髪質である

泣いている女のこ

ヘアカラートリートメントは、頭皮へのダメージや刺激を少ないのが特徴なので、市販のカラー剤に比べて染める力は少なめ。

なので、美容院でパーマやカラーが入りにくいといわれている髪質の方や、髪が太くてハリやコシがありキューティクルがしっかりしている方は、ヘアカラートリートメントでは、白髪が染まりにくいです。

私も染まりにくい髪質のため、ヘアカラートリートメントでとても苦労をしています・・・

美容院のような仕上がりになると想像している

白髪染めトリートメントを使ったら、美容院に行ったような仕上がりになると思っていませんか。

いくら良いトリートメントでも、美容院に行ったようなムラなく染め上げることはほぼ不可能です。
染まらない・・・と嘆いている人の中には、トリートメントで美容院や市販のカラーで染めたような感じになると思っている人も少なくないでしょう。

白髪染めトリートメントは、白髪をぼかして目立たなくすることはできます。
マメに使っていれば、よほど白髪の量が多くない限り、白髪がはっきりバレてしまうことはありません。

しかし、白髪をトリートメントで完全に茶色にしたり黒色にすることはまずできません。
近距離でまじまじと見られると、白髪が生えていることは相手にわかってしまいます。

ヘアカラートリートメントを使用する量が少ない

初めてヘアカラートリートメントをされる方に起こりがちなのが、使用するトリートメントの量が少ないこと。

適正なトリートメントの量は、人それぞれ。
私のように染まりにくい髪質の人や、白髪が多い人は、メーカーが指定する量よりも多めに使わないとなかなか染まりません。

私はずっと、メーカーが指定した通りの量を守っていましたが、多めに使うようになったら効果を実感することができました。

ヘアカラートリートメントの初心者は、ついつい使用するトリートメントの量をケチってしまいがちです。
メーカーが決めた量で効果がある方が大半だと思いますが、効果が実感できないのであれば、使う量をグッと増やす必要があります。

私は、今ではメーカーが指定した量の1.5倍から2倍は使っています。
20代なのでどちらかといえば、白髪の量は少なめだと思うのですが、これくらいの量を使わないと効果を実感できていません。

MEMO
ヘアカラートリートメントは市販のヘアカラー剤と異なり、頭皮に優しい成分を使っています。
パッチテストが済んでいるのなら、指定された量以上に使っても、そこまでダメージなど影響はありません。(あくまでも個人的な意見です。)

ヘアカラートリートメントを使用する時間が少ない

ヘアカラートリートメントは、色がなじむまでに時間がかかります。
物にもよりますが、メーカーが推奨しているのは3分~30分つけておくこと。
けれど、トリートメントの効果を実感できない人は、メーカーが指定した時間よりもつけておくことをオススメしています。

ただし!私のようにフルタイムの正社員で働いている方や、子育て中の方であれば、30分以上つけおきしておくのが、難しいですよね・・・
自分で説明しておきながら申し訳ない。
もっと時間をかけたいのですが、正直、白髪染めタイムに1時間もかけられないので、メーカーが指定した時間でしか私はできていません。

白髪を染めるのにシリコンシャンプーを使っている

私もやってたミスなのですが、ヘアカラートリートメントをするときには、シリコン入りのシャンプーはNGです。

なぜなら、シリコンの中には、髪のキューティクルを保護するコーティング剤が含まれています。
白髪を染めるには、キューティクルの中に染めるための成分を入れる必要があるのですが、シリコンのコーティング剤が、ヘアカラートリートメントをはじいてしまうので、シリコンシャンプーを使っていたらいつまでも染まりません。

私は、髪が太めでコテで髪を巻いているので、熱に強いシリコンシャンプーが好きでした。
けれど、私は、ただでさえ髪が太くて染めにくい髪質なのに、シリコンシャンプー使ってたら、「絶対染まらないだろうな」と思ったので、諦めてノンシリコンシャンプーに切り替えました。

注意
ずっとシリコンシャンプーを使っていたので、ノンシリコンシャンプーの効果を実感できていませんw
もうちょっと染まり方が良くなったら、ご報告させてもらいます。

部屋の室温が低い

白髪染めトリートメントで染めるには、髪のキューティクルを開く必要がありましたね。
そのキューティクルにも、開きやすい温度があります。

キューティクルは温度が上がれば上がるほど開くといわれています。
その温度の目安は、30度~60度くらいとされているので、室温があまりにも低いと効果が下がってしまいます。
逆に60度を超えてしまうと、キューティクルがふさがらなくなってしまうので、髪がボロボロに傷んできてしまいます。

ただし、20度前後であれば、そこまで気温による差は私は感じなかったので、そこまで神経質にならなくてもいいと思いました。
1度2度上がっても染めやすくなったと思ったことは、ありません。

10度前後であれば、さすがに悪影響ありそうだなと思いましたが、そこまで寒い環境で髪を染める人もいないんじゃないかと思います。

白髪染めはもみあげや根本は染まりにくい

もみあげ(顔の横の耳の下あたり)や白髪の根本の部分は、場所的にどうしても染まりにくいです。
ヘアカラートリートメントを使うまでわからなかったのですが、いつまでも白っぽい毛が残るのはその部分。

「カラートリートメントが入りにくいのかな?」と思って、いつもたっぷり付けていて、なんとか染まるレベル。
染める前から意識をしてあげていないとそこだけムラになってしまいます。

もみあげは、トリートメントがつけにくく、染まりにくい。
髪の根本は、髪が若くキューティクルが、よりしっかりしていので染まりにくいのかなあと勝手に分析しています。

家で白髪染めを成功させるコツ

シャンプー前の乾いた髪に直接つける

髪にコシがある女の子

キューティクルが丈夫で、染まりにくい髪質であれば、「乾いた髪に直接つける」のがおすすめ。
どのトリートメントでも、濡れている髪や湿っている髪よりも、私は乾いている髪に付けた方が染まりやすいと感じました。
湿っている髪だとトリートメントの効果がうすくなってしまうからでしょうか。

頭皮についた汚れを、先にシャンプーで落としてから使うのも、理にかなっているとは思います。
しかし、私のように白髪が染まらず効果を実感できてない方は、先にすることをお勧めします。

どうしてもシャンプー先にしたい!という方は、タオルドライではなくて、完全に髪を乾かして乾燥させてからつけましょう。

先にシャンプーをしても白髪染めトリートメントを使用したのなら、後からシャンプーを使って綺麗に洗い流すべきです。
私は、シャンプーを一日に2回もするのが嫌なので、シャンプーをする前に先に乾いた髪につけています。

トリートメントによっては、濡れた髪に使用するよう指定されているものがあります。
私は、それでも乾いた髪に付けた方が効果を感じることができました。

絶対絶対白髪を染めたい人へオススメの方法

ヘアカラートリートメントで白髪染めを絶対成功させたい!という方にとっておきの方法をご紹介します。
それは、「湿っている髪にトリートメントをつけてドライヤーで温める方法」です。

さっき乾いている髪につけた方がいいって言っていなかった!?
という声が聞こえそうですが、手間をかけてでもトリートメントで染めたい方は「ドライヤーで温める」のがベスト。

トリートメントで染めるには、キューティクルを開く必要がありましたよね。
その温度の目安は、30度~60度。
上がれば上がるほど良いので、ドライヤーで直接髪を温めるのが一番効率的です。
部屋の温度を60度くらいまで上げるのは、熱中症の危険からも現実的ではありませんよね・・・

美容院でカラーをするときにも、後ろから髪の温度を上げる機械が回っているのを見たことある人が多いと思います。
美容院でも行われるくらい、理にかなった方法になります。
ただ私は、髪を温めると頭皮がかゆくなるので、あんまり好きではありません・・・

髪の温度は乾いた髪よりも湿った髪の方が上がりやすいです。
なので。「湿っている髪につけてドライヤーで温める方法」が自宅でできる、白髪を染めやすくするためにできる最高の環境です。

白髪を染める効果は抜群で、だらだらと白髪を染めに時間をかけたくないという方には、かなりオススメ。

ただし、ドライヤーは濡れた手や場所で使用すると感電死する可能性があります・・・
脅しではないので、小さい子がいる家庭とかは気を付けてほしいです。

ドライヤーをお風呂場に持ち込むのは危険なので、絶対にやめてほしい点。
ドライヤーの風でトリートメントが部屋中に飛び散る可能性があるので、ラップをまくなど気を付けてほしい点。
髪の温度を上げると、頭皮が弱い方はかゆくなったりかぶれたりする可能性がある点

このように、気にしなければならないポイントが多く、手間がかかるので万人に使える方法ではありません。

私は、脱衣所をトリートメントだらけにしてして叱られてしまったのので、ドライヤーで温める方法は二度とできなくなりました。笑

3日経って染まっていなくても諦めない

運動している女性

白髪染めの効果を実感できていないという方は、3回くらい使って諦めていませんか。

確かに「最初は3回連続で使用してください」という説明書きをしているトリートメントが多いので、3回は効果を知る目安になるかもしれません。

私も、3回使っても白髪が白いままだったので、「白髪染めトリートメントなんて染まらんやん!」と一人ツッコミをしていました。

そんな私が、「白髪染まってきた!」と感じたのは、7回以上使ってトリートメントが半分以上なくなってから。

最初にも説明したように、パーマやカラーが入りにくい髪質の方は、なかなか染まりにくいです。

私のように染まりにくい方は、白髪が染まるトリートメントかどうかの判断は、1本使い切ってからでも遅くはありません。

白髪が染まりにくい方向けの
白髪染めトリートメント

「白髪染めが染まらない!」と嘆いていた私が、唯一効果を実感できたトリートメントがコチラのマイナチュレです。

マイナチュレオールインワンカラートリートメント(白髪用f)

私は白髪染めトリートメント歴は1年近くあり、ずっと染まるトリートメントが見つからずジプシー状態が続いていました。

マイナチュレも初めは効果を感じれられることができませんでした。
しかし、一週間ほど根気よく使用し続けていたら、白髪が目立たない程度にまで染めることができました!

言葉通り、「効果を実感することができた」白髪染めトリートメントです。

髪質が、太くて硬くて白髪が染まりにくい!と感じている方にぜひ使ってほしいです。
しかも、30日間の返品保証があるので、万が一合わなければ即返品可能

大抵のトリートメントは返品保証があっても10日ほどで、30日間も試すことができる商品はなかなかありません。

マイナチュレの公式サイトではなくて、このサイトから経由すると今なら最大42%OFFで購入できます!

2本6,760円が5,500円になりますし、1本でも3,300円が3,000円で購入できます。
今だけの限定価格になりますので、気になる方はお早めにどうぞ。

オールインワン カラートリートメント(白髪用)

マイナチュレオールインワンカラートリートメント(白髪用)

マイナチュレオールインワンカラートリートメント(白g髪用)

マイナチュレを5,500円、3,000円で購入するにはコチラをクリック

すぐに解約したりなど、冷やかしが多いと限定割引ができなくなってしまうので、本当に購入したいなあという人のみお願いします。

このサイトから申し込みしても30日の返品保証もありますし、二回目以降は公式サイトと同じ値段になります。
初回の金額以外は公式サイトと変わりませんので、不安な方は公式サイトからの購入でも大丈夫。

今なら40%以上OFFでGET!
マイナチュレを購入するならコチラ